スキーの競技中に撮影用のドローンが選手の背後に墜落する

no-image

  イタリアのマドンナディカンピリオで22日行われたアルペンスキーのワールドカップ(W杯)男子回転第2戦で、第一人者のマルセル・ヒルシャー(オーストリア)の2回目の滑走中、テレビ映像撮影用の小型無人機「ドローン」が背後に落下し、危うく難を逃れる一幕があった。※Yahoo ニュースより文章引用→http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151223-00000039-jij-spo

この記事を見に行く

- デンジャーゾーン の最新記事 -

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。