【画像】”肉の塊”となった自爆テロ実行犯の爆発後の画像

no-image

  ★★☆☆☆2011年6月にナイジェリアの首都アブジャで起こった、警察本部駐車場での自爆テロ事件の実行犯の爆発後の画像です。もはや”肉の塊”で、人間の原型をとどめていません。・・・この事件では2人が死亡しており、ナイジェリアのサラフィー・ジハード主義組織「ボコ・ハラム」が犯行声明を出しているそうです。

この記事を見に行く

- デンジャーゾーン の最新記事 -

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。