運転中に大量に吐血するバスドライバー

no-image

  中国・福建省での出来事。20人の乗客を乗せたバスの運転手が具合が悪くなりバスを停車させます。運転手はその場で伸びをしたり、ハンドルに伏せたりしている内に体が痙攣しだし、大量に吐血してしまいます。運転手は病院に搬送され「急性上部消化管出血」及び「出血性ショック」と診断されましたが、現在は容態も安定しており、更なる治療のために入院中との事。

この記事を見に行く

- デンジャーゾーン の最新記事 -

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。