火渡りの儀式で転倒した男性が全身の70%に火傷を負い死亡

no-image

  インドのマンディヤという所で行われていた儀式。日本でいうところの「火渡り業」的なもので、真っ赤に熱せられた炭の上を走って渡ろうとした男性が途中で転倒します。周囲の人達から助け出されたのですが、男性は全身の70%に火傷を負い2日後に死亡したそうです。※サムネはイメージです。

この記事を見に行く

- デンジャーゾーン の最新記事 -

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。